村人

川と水を求める人々
 このあたりの方言でプライドが高いことを「じまんくさい」といいますが。当地のお国自慢もなかなかのもの。地名・字名だけで伊勢領(伊勢神宮領の名残か?)西田(サイダとよむ西大寺領の名残か?)を始め、殿山、殿谷など自分の土地をたたえる地名に事欠きません。特に「太田」の地名通り、古墳時代から近世の武田家まで続いた美田を自慢する地名が目立ちます。ところが、時の権力者が必ず自分の地にした穀倉地帯なのに現在では大きな川が見あたりません。
 代わりに、増川、増井、古川などの水を待ち望む名字が多く、ご不動さんなど水関連の石像が目立ちます。江戸時代の地図を見ると確かにはっきりとした川が氷見の潟湖に流れ込む様子が見て取れます。現在はため池を中心に「美田」を守っていますが、ご先祖様はずいぶん水にご苦労なさったようです。